自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢

自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。オークションをするときには、売ろうとする車の画像や説明文をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。その他に自分が重要と思ったことに関しては、書面に書き表してサインと捺印をしてもらい、双方で保管すれば完璧でしょう。中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。中間業者が介在しない分だけ、売り手はより高く、買い手はより安く売買可能になるのです。そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますからとても面倒ですし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件を満たせば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

さらには、還付金が生じるケースでも勝手に振り込まれるわけではないのです。保険会社に対し自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、後者が優先順位が高かったら即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。近頃販売されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては評価してくれる可能性が高くなります。高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、買い取りに出す前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。買取業者からの電話攻勢が毎日大量に来るので面倒な思いをすることもあるでしょうが、多くの買取店で査定をしてもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

査定額の相場がわからないとそもそも価格交渉もできませんし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に誘惑されて即決することはなるべく避けましょう。何はともあれ焦らないことが、自動車を高く売却するコツと言っても良いでしょう。たとえ自動車ローンが残っていようと売却する方法がないわけではありません。もっとも、車検証の所有者が売主である必要があります。所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残りの債務を返済しつくすまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。親密な間柄のこととは言え、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要項目についてはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。念書に残すのを嫌がる相手では、後からいざこざが起きても仕方がないため、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

おすすめ⇒外車 査定